【完全版】不動産投資会社のサービス内容や評判を徹底比較

不動産投資において『パートナー』となる不動産投資会社の存在はとても重要です。

不動産投資の成功は、『最初の会社選びにかかっている』と言っても過言ではありません!

しかし、予備知識のない初心者の方はどんな会社を選べばよいのか正直分からないと思います。

それもそのはず、単に不動産投資会社と言っても、それぞれ取り扱う物件の種類や得意とする地域もまるで違います。

さらに、全国に不動産投資会社は12万も存在します。

その中から、自分の経営プランや投資条件に合う会社を選ぶのは至難の業です。

そこで今回は、「不動産投資の指南書」がおすすめする不動産投資会社を会社のサービス内容や評判ごとに徹底比較していきます。

ぜひ会社選びの参考にしてみてください!

おすすめの不動産投資会社一覧

プロパティエージェント

プロパティエージェント

不動産投資会社プロパティエージェントは、東証一部の上場企業で、主に東京23区と横浜エリアの物件を中心に取り扱っており、土地の選定から物件の販売までをワンストップで行うことで品質の高い物件の提供を実現しています。

用地の選定では、不動産鑑定士などのプロ集団が豊富な情報や経験と、高度な分析を駆使することで、「地域性・利便性・周辺環境」の3つの重要項目から将来的な資産価値を予測することができます。

また、投資向けマンションデベロッパーの満足度調査では3年連続No.1を獲得しており、会社の実績としても申し分ありません。

提携金融機関の数も12社と業界最多で、フルローンでの融資実績も豊富です。

こういった実績のおかげで、2018年9月には管理物件全体の入居率が99.62%を記録しました。

グローバル・リンク・マネジメント

グローバル・リンク・マネジメント

不動産投資会社グローバル・リンク・マネジメントは、東証マザーズの上場企業で、東京23区と川崎駅から徒歩10分圏内の一等地でのみ不動産開発をしています。

不動産の開発から販売・管理までをワンストップで対応することにより、高品質な物件の提供を実現しています。

提携している金融機関も豊富で、その数は10社以上と業界トップクラスの数字を誇るので、低金利での融資フルローンなど、他社よりも有利な条件で不動産投資を始めることができます。

また、グローバル・リンク・マネジメントは国内唯一のサブリース7年更新、家賃見直し時の賃料下落幅が下限5%、独自デザイナーズマンションブランド「アルテシモ」の保有などの特徴があり、初心者の方でも安心して不動産投資を行うことができます。

さらに、グローバル・リンク・マネジメントでは「不動産投資を始めたいが何から始めれば良いのか分からない」「物件選びのポイントが知りたい」といった方々のために、定期的に不動産投資セミナー無料で開催しています。

セミナー内容としても、初心者の方から経験者の方まで満足して頂ける内容になっているので、気になる方は無料ですので是非一度参加してみてはいかがでしょうか?

GAテクノロジーズ

GAテクノロジーズ

GAテクノロジーズ(Renosy)は主に中古ワンルームマンションを取り扱っている不動産投資会社で、東証マザーズに上場しています。

GAテクノロジーズ最大の特徴は、社内で独自開発した管理ツールを使用することでお客様の不動産投資にかかる運営コストを極限まで削減することができるという点です。これにより、物件の提案から契約、その後のアフターサポートまでの全てのタスクを効率化することができます。

管理ツールの中にはAIを使って物件の収益性や資産性を客観的に判断できるモノもあり、お客様一人ひとりに向けて最適な物件を紹介したり、不動産投資の初心者にも理解しやすいようなサービスを提供することができます。

扱う物件の特徴としては、築年数10年以降のものばかりで、これらを売主として販売しているため仲介手数料が一切かかりません。

また、GAテクノロジーズでは不動産投資の初心者に向けて、不動産投資の始め方が分かるオリジナル資料と、不動産投資の考え方が分かるインタビューDVD無料で提供しているので、気になった方はぜひ一度資料請求してみることをおすすめします。

JPリターンズ

JPリターンズ

JPリターンズは、東京23区と横浜・川崎エリアの中でも入居者需要が高い高稼働エリアの中古物件を中心に取り扱っている不動産投資会社です。

JPリターンズでは、様々なお客様のニーズを考慮して「低価格高利回り物件」「都心築浅物件」「都心ファミリータイプ物件」の3つの中から選択することができ、どれも他にはない非公開物件を取り揃えています。

また、空室対策として35年間の家賃保証10年間の家賃固定サービスがあるので安心して不動産投資を始めることができます。

さらに、JPリターンズは不動産投資セミナー無料で開催しており、初心者の方でも不動産投資を始める前に必要最低限の知識を付けることができます。

この他にも、今なら資料請求か無料セミナーに参加した人全員に「マンションQ&Aブック」がプレゼントされるのでおすすめです。

ベルテックス

ベルテックス

ベルテックスは、東京都内の物件を中心に取り扱っている不動産投資会社で、用地の取得や不動産開発、販売や売却など不動産運営に関する全てのタスクをワンストップで対応しているため、お客様へ資産価値の高い物件だけを厳選して提供することを実現しています。

設立8期目と新しい会社ですが、毎年売上を伸ばし続け、既に年商は150億円を超えるペースで成長し続けている業界内外で話題の企業です。

また、提携先の金融機関も国内最大規模を誇るため、1%台の超低金利でローンを組むことができます。

こういった実績もあり、2017年3月時点では都内管理物件の入居率がなんと100%を達成しました。管理物件全体の入居率も99.52%と非常に高い数字を誇ります。

さらに、ベルテックスは初心者のために無料不動産投資セミナーをほぼ毎日開催しています。

こちらのセミナーでは、他社のセミナーでは隠したがる不動産投資のリスクデメリットまで包み隠さず解説してくれ、年間で3,000名以上の予約が殺到するほどの人気を誇るのでおすすめです。

クレアスライフ

クレアスライフ

クレアスライフは、山手線内側や文京区などの好立地で入居者需要が高い人気エリアを中心に不動産開発をしている不動産投資会社で、ハイグレードなデザインが特徴の独自マンションブランド「コンシェリア」を提供しています。

用地の選定から不動産開発・販売までをワンストップで行うことで高品質な物件の提供を実現しており、創業33年間でオーナー数9,000人超、供給戸数19,328戸(2017年12月時点)という圧倒的な信頼と実績を誇り、2018年7月時点では管理物件全体の入居率が99.76%を記録しました。

また、クレアスライフでは「不動産投資を始める前に少しでも知識を付けたい」という方のために、不動産投資のノウハウが学習できるコンシェルジュガイドブック無料で提供しています。

この一冊で不動産投資に関する基本的な情報や東京のマンション投資の魅力などを知ることができるので、不動産投資を検討中の方は一度問い合わせてみてはいかがでしょうか?

武蔵コーポレーション

武蔵コーポレーション

武蔵コーポレーションは、埼玉県を中心に関東地方一体の中古一棟物件を取り扱っている不動産投資会社で、不動産の開発から販売までをワンストップで対応することで高品質な物件の提供を実現しています。

「新築と中古の良いとこどり」をした独自の再生物件を保有しており、その特徴として、中古物件を自社で買い取り再生して、その後1年間保有してから不動産オーナーに引き渡します。

そうすることで、新築物件のような高い入居率中古物件のような高利回りの両方を実現することができます。

また、不動産オーナーは物件の設備や入居者の状況を把握した上で物件を購入するので、不動産投資のリスクを最小限に減らすことができ、安定した収益を得ることができます。

CRED(クレド)

クレド

クレドは東京都内の中古マンションを中心に取り扱っている不動産投資会社で、独自の市場調査による厳選された物件の仕入れ基準は業界トップクラスを誇ります。

入居者需要が高い東京の中でもさらに人気エリアを厳選することで、クレドの管理物件稼働率は98%以上という高い数字を誇り、これらの物件を売主として販売するため仲介手数料が一切かかりません。

また、確定申告の手続や節税対策、不動産管理業務や物件の売却など、不動産運営に関する全てをクレドの専属プランナーがサポートしてくれるので、初心者の方でも安心して不動産投資を始めることができます。

さらに、クレドでは不動産投資セミナーを毎月無料で開催しており、不動産投資のノウハウや表にはあまり出回っていない非公開物件の紹介など、初心者の方から経験者の方まで幅広い方々を対象としたとても満足のいくセミナー内容となっているので、少しでも気になった方はぜひ一度参加してみてはいかがでしょうか?

ビヨンドボーダーズ

ビヨンドボーダーズ

ビヨンドボーダーズは海外不動産の購入を検討している方々に向けて、お客様一人ひとりのニーズに合う不動産を提供する不動産投資会社で、物件選びから購入・管理・売却までをワンストップで対応することが可能です。

ビヨンドボーダーズ最大の特徴として、日本最大級の海外不動産情報サイト「SEKAI PROPERTY」を運営しており、日本にいながら海外の不動産情報を得ることができます。その逆も然り、外国の方が日本国内の不動産情報を得ることもできます。

SEKAI PROPERTYには30以上の国から約5,000件を超える物件が日本語で掲載されており、日本ではなかなか入手することができない人気物件や非公開物件も多数取り扱っています。

また、海外不動産を購入する際、現地のディベロッパーに頼んだが故に「建設中に工事が中止された」「返金を求めても対応してくれない」といった詐欺被害に遭われた方も中にはいるそうですが、ビヨンドボーダーズは日系企業現地の大手ディベロッパーが開発した不動産のみを紹介しているため、そういった詐欺被害に遭うことはありません。

さらに、ビヨンドボーダーズでは「海外不動産を購入したい」という方々のために無料相談を実施しているので、海外不動産の購入を検討している方はぜひ一度相談してみてはいかがでしょうか?

トラスト

トラスト

トラストは東京都内の単身者向け中古マンションを中心に取り扱っている不動産投資会社で、不動産の販売や賃貸管理、リノベーションや売却まで対応しています。

トラストの特徴として、種類豊富な不動産投資セミナーが挙げられます。具体的には、「中古マンション投資セミナー」「女性限定セミナー」「資産運用セミナー」の3種類から選ぶことができ、それぞれ参加者のニーズに応じたセミナーを提供しています。

また、面倒な賃貸管理もトラストがまとめて管理してくれるので、初心者の方でも安心して不動産投資を始めることができます。

トラストの賃貸管理は空室時の家賃保証や滞納保証など、とても充実した内容になっています。

さらに、トラストでは物件のリノベーション企画も行っており、「時代のニーズ」「お客様のニーズ」に合わせた素敵な物件を提供することができます。

デュアルタップ

デュアルタップ

デュアルタップは、東京23区内で自社開発マンションを提供しており、全ての物件が駅から徒歩10分圏内の好立地にあるため、賃貸需要が高いです。

また、デュアルタップのマンションは、高級感のあるエントランスや浴室モニターなど、徹底した『入居者目線』で細部までこだわった設計になっています。

そのため、デュアルタップのマンションの平均入居率は97%以上という高い数字を維持しています。(2016年3月1日時点)

デュアルタップ最大の特徴として、Funds(ファンズ)の組成企業という点があげられます。

Funds(ファンズ)とは、ソーシャルレンディングの一部で、投資の募集に特化したプラットフォームのことです。

Funds(ファンズ)の組成企業になると、企業の事業内容や財務の安定性が問われるようになります。

つまり、Funds(ファンズ)の組成企業ということは、信頼性の高い優良企業であることを示しています。

デュアルタップで不動産投資を始めたいという方は、まずは無料資料請求を活用してデュアルタップについての情報収集から始めてみると良いでしょう。

「不動産投資の指南書」イチオシの不動産投資会社3選

GAテクノロジーズ


GAテクノロジーズ全国主要都市の中古ワンルームマンションを中心に取り扱っており、独自開発した管理ツールを使用!
JPリターンズ


JPリターンズ
東京23区と横浜・川崎エリアの中でも需要が高い高稼働エリアの物件を数多く保有!
デュアルタップ


デュアルタップ
都内の投資用物件を取り扱う東証JASDAQ上場企業。高い信頼性を誇るFunds(ファンズ)の組成企業。