【不動産投資】上場しているおすすめの不動産投資会社3社を紹介!

不動産投資会社を選ぶ際に会社の規模で選ぶ方も多いのではないでしょうか?

規模が大きい会社は運営年数が長く会社の実績も豊富といった傾向があるため、初心者の方にとっては会社選びの分かりやすい指針となります。

では、どうやって会社の規模を測るのか?

会社の年商や従業員数など色々ありますが、一番分かりやすいのが「上場しているのかどうか」で判断すると良いでしょう。

企業が上場するためには「時価総額」や「純資産」など、様々な項目にそれぞれクリア条件があり、1つでも欠けていると上場することができません。

つまり、上場企業というだけで不動産投資会社としての評価や実績が他社よりも優れているということが分かります。

そこで今回は、上場している不動産投資会社の中でも「不動産投資の指南書」が特におすすめする3社を会社の特徴と合わせてご紹介していきたいと思います。

上場している不動産投資会社3選

プロパティエージェント

プロパティエージェント

プロパティエージェントは東京23区と横浜エリアの物件を中心に取り扱っている不動産投資会社で、用地の選定から物件の販売・管理までをワンストップで対応することで資産価値の高い物件のみをお客様に提供しています。

東証一部に上場しており、コンプライアンスが遵守され会社の規模も大きいため、投資向けマンションデベロッパーの満足度調査では3年連続No.1を獲得しています。

用地選定の際には不動産鑑定士などの専門家が豊富な経験や高度な分析を活かし、「地域性・利便性・周辺環境」の3つの項目から将来的に資産価値が高まりそうな土地を予測することができます。

また、他社に比べて高利回りな物件を多く取り揃えているため、担保評価が高く、低金利フルローンなど好条件での融資実績も豊富です。

定期的に不動産投資セミナー個人面談無料で行っているので、気になる方はぜひ一度お問い合わせしてみてはいかがでしょうか?

プロパティエージェントのおすすめポイント!

  • 東証一部企業ならではの安定した資本体制
  • フルローンなど好条件での融資実績が豊富
  • 提携金融機関の数が業界最多
  • 顧客満足度調査3年連続No.1
  • 用地の選定から物件の販売・管理までをワンストップ対応

グローバル・リンク・マネジメント

グローバル・リンク・マネジメント

グローバル・リンク・マネジメントは東京23区と川崎駅周辺エリアの物件を中心に取り扱っている不動産投資会社で、不動産の開発から販売・管理までをワンストップで対応することにより高品質な物件の提供を実現しています。

東証マザーズに上場しており会社の規模も大きいため、他社に比べて実績も豊富で信頼できます。

提携先の金融機関も多く、その数はなんと10社以上もあります。そのため、他社と比べて低金利フルローンなどの有利条件で融資を受けることができるので、初期費用をぐっと抑えることができます。

また、グローバル・リンク・マネジメントは国内唯一のサブリース7年更新家賃見直し時の賃料下落幅が下限5%、などといった賃貸管理サポートが充実しているため、空室リスクを気にせず安定した不動産投資を行うことができます。

定期的に不動産投資セミナーを開催しており、初心者の方から経験者の方まで満足していただける内容となっているので、一から不動産投資について学びたいとお考えの方におすすめです。

こちらのセミナーは無料で参加できるので、気になる方はぜひ一度参加してみてはいかがでしょうか?

グローバル・リンク・マネジメントのおすすめポイント!

  • 上場企業なので実績が豊富で信頼できる
  • 国内唯一の7年更新サブリース契約
  • 提携金融機関が多くフルローンなどの融資実績も豊富
  • 紹介・リピート率が驚異の84.44%
  • 不動産開発から販売・管理までをワンストップ対応
  • 初心者向けの無料セミナーを定期的に開催

シノケン

シノケン

シノケンは都内のマンション投資用物件を中心に取り扱っている東証JASDAQ上場の不動産投資会社で、2018年上半期首都圏投資用マンション供給戸数No.1を獲得するなど、とても高い実績を誇ります。

近年、ワンルームマンションの中でも特に人気が高いデザイナーズマンションを自社で企画・開発しており、マンション投資の秘訣とも言える「誰もが住みたい」と思えるような、資産価値が高く魅力のある物件開発に力を入れています。

シノケンでは土地付きの物件も数多く提案しているため、相続遺産が不動産以外のお客様にも土地付きの物件をご紹介することができます。

また、面倒な賃貸管理業の一括代行35年サブリースなど物件購入後のアフターサポートも充実しているため、初心者の方でも安心して不動産投資を始めることができます。さらに、提携金融機関が多く、充実したネットワークを持っており、中には100%融資ができる金融機関も存在するため、頭金0円から不動産投資を始めることも可能です。

もし、気になるようでしたら資料請求やセミナーの参加が全て無料で行えるので、ぜひ一度お問い合わせしてみてはいかがでしょうか?

シノケンのおすすめポイント!

  • 土地付きの物件も数多く提案できる
  • 東証JASDAQ上場による豊富な実績と高い信頼力
  • 面倒な賃貸管理業務も一括代行
  • 豊富な提携金融機関数により100%融資も可能
  • ハイグレードなデザイナーズマンションの開発
  • お客様に対する真摯な対応姿勢

上場している不動産投資会社のメリット

上場企業のメリット

上場企業のメリット
  • 会社規模が大きく倒産しにくい
  • コンプライアンスがしっかりしている
  • 会社としての信用力が高いため、融資の際に有利になりやすい
  • 健全な経営体制が証明されるので悪徳会社でないと分かる

会社規模が大きく倒産しにくい

不動産投資では、契約している不動産投資会社が倒産してしまうと、どれだけ順調に利益を挙げられていたとしても、それら全てが水の泡となってしまいます。

そのため、パートナー会社の倒産は不動産投資において絶対に避けたいリスクの内の1つと言えます。

その点、上場している企業だと経営年数も長く実績もあるため、非上場企業に比べて倒産する確率が低いため、安心して不動産投資を行うことができます。

不動産投資における9個のリスクとは?回避術とあわせて徹底解説!

2018年10月5日

コンプライアンスがしっかりしている

上場企業はコンプライアンス(法令遵守)がしっかりしているため、社会から信頼され、良い企業として高い評価を得られます。

そのため、不正や不祥事をおこす可能性が極めて低く、企業としてとても信用できます。

会社としての信用力が高いため、融資の際に有利になりやすい

何度も言いますが、上場企業は社会からの信用が極めて高く、当然それは金融機関からの評価にも繋がります。

そのため、融資の際に「この不動産投資会社なら信用できる」と金融機関に判断されるので、低金利フルローンなどの有利な条件で融資を受けることができます。

健全な経営体制が証明されるので悪徳会社でないと分かる

不動産投資会社の中には、自社の利益のために強引な営業をしかけてきたり、契約内容を偽って顧客を獲得しようとする悪徳会社も存在します。

一見、こういった会社は他社と比べてもおかしな点も特になく見分けるのが難しいです。

しかし、上場企業であればコンプライアンスがしっかりしており、健全な経営体制が証明されるので、悪徳会社ではないと一目で見分けることができます。

不動産投資を成功に導くために絶対に欠かせない会社選びのポイント7選

2018年10月18日

初心者でも分かる!不動産投資のノウハウを徹底解説!

2018.10.31

不動産投資会社ランキング

お客様一人ひとりに「自分にピッタリの不動産投資会社」が見つかるように、入居率やアフターサービスなど、様々な項目から、厳選した不動産投資会社をランキング形式でご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です