【不動産投資】仲介手数料が無料のおすすめ不動産投資会社3社を紹介!

不動産投資は他の投資に比べて「物件」という実物資産を担保にするため金融機関からの融資が受けやすく、場合によってはフルローンで始めることができます。

そのため、初期費用を抑えつつ大きな収益を得ることができます。

このように、不動産投資ではレバレッジを効かせて少ない資金から大きな利益を得ることが可能なのです。

しかし、不動産投資の初期費用には物件購入費用以外にも「仲介手数料」と呼ばれる費用が存在します。

仲介手数料は物件売買の際に仲介会社を介した場合に生じる費用のことで、初期費用の中でも非常に大きな割合を占めます。

せっかく物件購入費用の大半を融資で賄えたとしても多額の仲介手数料を支払っていてはレバレッジを効かせた不動産投資を行うことができません。

ですが、売主として物件を販売している不動産投資会社を選ぶことで仲介手数料を無くすことができるのです。

そこで今回は、「仲介手数料が無料の不動産投資会社3社」を会社の特徴と合わせてご紹介したいと思います。

仲介手数料が無料の不動産投資会社3選

【CRED(クレド)】お客様一人ひとりに対するコンサルティングが自慢!

不動産投資会社クレドは、東京都内の中古マンションを中心に取り扱っており、独自の市場調査による厳選された物件の仕入れ基準は業界トップクラスです。

クレドではこれらの仕入れ物件を全て売主として販売しているため、仲介手数料が一切かかりません。

また、入居者需要が高い東京都内の中からさらに人気エリアを厳選することで、クレドの管理物件稼働率は98%以上という高い数字を誇ります。

その他にも、確定申告の手続や節税対策、不動産管理業務や売却など不動産運営に関する全てをクレドの専属プランナーがサポートしてくれるので、初心者の方でも安心して不動産投資を始めることができます。

さらに、クレドでは不動産投資セミナーを毎月無料で開催しており、不動産投資のノウハウや表にあまり出回っていない非公開物件の紹介など、初心者の方から経験者の方まで幅広い方々を対象としたとても満足のいくセミナー内容となっているので、少しでも気になった方はぜひ一度参加してみてはいかがでしょうか?

クレドのおすすめポイント!

  • 業界トップクラスの物件仕入れ基準
  • 仲介手数料0円
  • 安心のアフターサポート
  • クレドプランナーによる資産運用コンサルティング
  • 毎月無料セミナーを開催

【GAテクノロジーズ】データに基づいた堅実な不動産投資が可能

不動産投資会社GAテクノロジーズ(Renosy)は、東証マザーズの上場企業で主に中古のワンルーム物件を中心に取り扱っています。

GAテクノロジーズ最大の特徴は、社内で独自開発した管理ツールを使用することでお客様の不動産投資にかかる運営コストを極限まで削減することができるという点です。これにより、物件の提案から契約、その後のアフターサポートまでの全てのタスクを効率化することができます。

管理ツールの中にはAIを使って物件の収益性や資産性を客観的に判断できるモノもあり、お客様一人ひとりに向けて最適な物件を紹介したり、不動産投資の初心者にも理解しやすいようなサービスを提供することができます。

扱う物件の特徴としては、築年数10年以降のものばかりで、これらを売主として販売しているため仲介手数料が一切かかりません。

また、GAテクノロジーズでは不動産投資の初心者に向けて、不動産投資の始め方が分かるオリジナル資料と、不動産投資の考え方が分かるインタビューDVD無料で提供しているので、気になった方はぜひ一度、資料請求してみることをおすすめします。

GAテクノロジーズのおすすめポイント!

  • 「テクノロジー✕不動産」による効率化
  • 不動産投資をデータに基づいて堅実に行うことができる
  • 主要都市の希少な中古ワンルームマンションに特化している
  • 面倒な不動産投資運営をアプリで一括管理できる
  • 仲介手数料が0円
  • GAテクノロジーズオリジナルブックとインタビューDVDが無料で手に入る

【ベルテックス】新築や中古など全ての物件に対応可能!

不動産投資会社ベルテックスは、東京都内の物件を中心に取り扱っており、「新築、中古、一棟、区分」など、全ての物件に対応しているとても希少な会社です。

用地の取得から不動産開発、販売売却までの全てのタスクをワンストップで対応しているため、お客様へ資産価値の高い物件だけを厳選して提供するとができ、これらの物件を売主として販売しているため仲介手数料は一切かかりません。

会社設立は2010年と比較的新しい会社ではありますが、設立以来毎年売上を伸ばし続け、2017年は年商が150億円を突破しており、驚異のスピートで成長し続ける企業として業界内外でも話題になっています。

また、提携先の金融機関も豊富で、その数は国内最大規模を誇るため、1%台の超低金利でローンを組むことも可能です。

こういった要因もあり、2017年3月時点では都内管理物件の入居率がなんと100%を達成しました。管理物件全体の入居率を見ても99.52%と非常に高い数字を誇ります。

さらに、ベルテックスは初心者のために不動産投資セミナー無料でほぼ毎日開催しています。

こちらのセミナーでは、他社が隠したがる不動産投資のリスクデメリットまで包み隠さず解説してくれ、年間で3000名以上の予約が殺到するほどの人気を誇るのでおすすめです。

ベルテックスのおすすめポイント!

  • 「一棟、区分、新築、中古」全ての物件に対応可能
  • 売主物件なので仲介手数料が0円
  • お部屋探しサービス「ヘヤコレ」で自分にぴったりの部屋が見つかる
  • 業界最大規模の提携金融機関数により1%台の超低金利が実現可能
  • 都内の管理物件入居率100%を達成

仲介手数料の算出方法を紹介!

仲介取引の仕組み

ここまで仲介手数料が無料の不動産投資会社を紹介してきましたが、もし上記の会社以外で不動産投資を始めたいとお考えの方のために、仲介手数料の算出方法をご紹介します。

以下の表をご覧ください。

物件の売買価格(税込)仲介手数料(上限)
200万円以下物件の売買価格✕5%
200万円超~400万円以下物件の売買価格✕4%+2万円
400万円超物件の売買価格✕3%+6万円

例えば、150万円の物件を購入した場合の仲介手数料は、

計算式
150万円✕5%=75,000円

つまり、150万円の物件の場合は75,000円の仲介手数料を仲介会社に支払わなくてはいけません。

なお、表にも書いてある通り、あくまで上限ですので、150万円の物件の場合は75,000円以下、つまり5万円でも3万円でも法律上は問題ありません。

正直、75,000円だと大きく得をしたという感覚にはあまりならないと思うので、もう一つ、3,000万円の物件を購入した場合を例に考えてみます。

計算式
(3,000万円✕3%)+6万円=96万円

3,000万円の物件を購入した場合、96万円も仲介手数料を支払わなくてはいけません。

これだけの金額が削減できると考えると、「仲介手数料無料」というのがどれだけ魅力的なことなのかが理解できたと思います。

なので、今回紹介した不動産投資会社を利用して、周りのライバルたちより少しでも有利な条件で不動産投資を始めてみてはいかがでしょうか?

不動産投資の仲介手数料が無料に!?その方法を仕組みと合わせて解説

2018年12月20日

初心者でも分かる!不動産投資のノウハウを徹底解説!

2018.10.31

不動産投資会社ランキング

お客様一人ひとりに「自分にピッタリの不動産投資会社」が見つかるように、入居率やアフターサービスなど、様々な項目から、厳選した不動産投資会社をランキング形式でご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です